不器用なら器用になろうとしないで愚直に生きる

不器用な人は器用な人を見本にしてはならない。
そもそも器用な人と自分を比較したらへこむだけだ。
不器用なら不器用な生き方がある。
とにかく愚直に生きること。
自分が納得するまで時間をかけた方が良い。
納得したふりしたら、後々後悔する。
不器用なことを自覚して一歩ずつ進もう。
ゆくゆくは不器用だったことが自分の強みになるから。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

次の記事

素直になるということ