問題があれば 必ず答えがある

生きていれば、大小様々な問題に必ず直面する。
その問題が大きくても小さくても答えは必ずある。

問題の解答方法がわかれば、すぐに答えを導き出せるが
問題の解答方法がわからなければ、答えを導くことが出来ない。

問題の解答方法がわからないと、解決方法が全くないかのような錯覚に陥ってしまう。
今、自分の目の前にある問題の答えを導く方法がわからなくても、他の誰かは知っているかもしれない。

例えば、小学生の時には難しくてわからなかった算数の問題を大人になったら難なく解くことが出来たりするでしょ?

そんなもんだと思っていれば、どんなに大変な大きな問題が目の前にあったとしても、その問題を解く方法を導いてくれる人を探せば良いのだ。

だから、一人で問題を抱えないで、誰かに相談することから道は開かれる。
永続的な問題などないのだから。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

境遇から旅へ

次の記事

人生の目的とは